TRUSTEE請求管理 クラウドで請求業務に革新を
請求書 システム
無料で使う >>
債権管理 請求管理クラウド 請求電子化
お問い合わせ >>
請求書発行 ERP トラスティ
ログイン >>
TRUSTEE 債権管理システム

item一括コピー機能を活用した請求ルーティンワークの効率化

TRUSTEE請求管理の一括コピー機能使った、ルーティンワーク効率化の一例をご紹介します。

業種によっては月額定額制の契約を多数抱えているなどで、前月と当月で発行する請求書の内容が
あまり変わらないという場合があります。

そんな時は、前月の請求書を当月へ一括コピーしてみましょう。
※8月が当月の場合

1.一覧画面から"+"ボタンをクリックして追加ウインドウを表示


2.すべてチェックボタンをクリックしてすべての請求書(7月分)にチェックをつける


3.コピーボタンをクリックして日付を8月に指定して一括コピーを実行


ここでコピーされた請求書を確認してみましょう。
日付を指定してコピーしたので、すべての請求書の日付が8月となっています。
265

さらに、取引先マスタから支払サイトが自動で再計算されますので
支払期限も翌月の9月に自動で書き換わります。


もちろんコピーした情報を後から編集することも可能です。

このようにTRUSTEE請求管理の一括コピー機能の活用で、
請求書の再入力や支払期限の管理の負担を軽減することができます。
場合によっては、請求ルーティンワークの作業効率の大幅な改善が見込めます。