TRUSTEE請求管理 クラウドで請求業務に革新を
TRUSTEEマニュアル

・TRUSTEE請求管理の機能
・TRUSTEE請求管理にログインする

-初期設定をする-
・自社情報の設定をする
・部門マスタ設定をする
・営業担当者マスタ設定をする
・商品マスタ設定をする
・業種マスタ設定をする
・販路マスタ設定をする
・取引先マスタ設定をする
・角印を登録する
・パスワードを再設定する
・請求設定の変更をする

-請求書の管理-
・請求書を発行する
・請求書のPDFダウンロードをする
・請求書の削除をする
・請求書のコピーをする
・請求書の一括削除/コピーを行う
・請求書の修正をする
・請求書の検索をする
・詳細な条件を指定して請求書を検索する

-請求書のメール送付-
・請求書をシステムからメール送付する

-入金消込-
・請求書の入金消込をする

-集計・レポート-
・請求情報の集計をする
・請求情報のCSVダウンロードをする
・入金情報の集計をする
・入金情報のCSVダウンロードをする
・売掛金の状態を確認する
・売掛残高情報のCSVダウンロードをする
・取引先毎の請求・入金額をグラフ表示する
・営業担当毎の請求・入金額をグラフ表示する
・請求・入金額の推移をグラフ表示する
・請求・入金額の分布をグラフ表示する


item請求設定の変更をする


請求書システム13-1

画面上部のTOPメニューから”請求”をクリックして下さい。

その後、表示された画面の左メニュー“設定”をクリックして下さい。
設定フォームが表示されます。

請求システム12-1

●請求設定情報の項目ついて

請求設定情報は以下の項目があります。

ここで設定した内容は請求書発行時の初期設定値となります。

請求書発行時に値を変更することも可能です。


・納品書

請求書の発行と同時に納品書を作成するかの設定が可能です。

(“作成しない” を選択した場合)

 請求書発行時に納品書を作成しません。

(“請求書と兼用” を選択した場合)

 請求書 兼 納品書の表示で請求書を発行します。

(“作成する” を選択した場合)

 請求書発行時に納品書を作成します。


・単位の表示

請求書に記載する商品の単位の表示、非表示の設定が可能です。

(“表示しない” を選択した場合)

 請求書に単位を表示しません。

(“表示する” を選択した場合)

 請求書に単位を表示します。

 請求書の入力フォームには単位が入力可能となります。


・振込先の表示

請求書に記載する振込先の表示、非表示の設定が可能です。

(“表示しない” を選択した場合)

 請求書に振込先を表示しません。

(“表示する” を選択した場合)

 請求書に振込先を表示します。

 請求書の入力フォームには振込先が入力可能となります。


・支払期限の表示

請求書に記載する支払期限の表示、非表示の設定が可能です。

(“表示しない” を選択した場合)

 請求書に支払期限を表示しません。

(“表示する” を選択した場合)

 請求書に支払期限を表示します。

 請求書の入力フォームには支払期限が入力可能となります。


・角印の表示

請求書の角印表示、非表示の設定が可能です。

(“表示しない” を選択した場合)

 請求書に角印を表示しません。

(“表示する” を選択した場合)

 請求書に角印を表示します。


・担当者押印欄の表示

請求書に記載する担当者押印欄の表示、非表示の設定が可能です。

(“表示しない” を選択した場合)

 請求書に担当者押印欄を表示しません。

(“表示する” を選択した場合)

 請求書に担当者押印欄を表示します。


・消費税率

請求書の消費税率の設定が可能です。

(“5%” を選択した場合)

 5%で消費税率の計算を行います。

(“8%” を選択した場合)

 8%で消費税率の計算を行います。

(“10%” を選択した場合)

 10%で消費税率の計算を行います。

(“外税” を選択した場合)

 請求書に消費税を記載しません。


・少数点以下の取扱い

請求書の小数点以下の取扱い設定が可能です。

(“四捨五入” を選択した場合)

 小数点以下の取扱いを四捨五入とします。

(“切り捨て” を選択した場合)

 小数点以下の取扱いを切り捨てとします。

(“切り上げ” を選択した場合)

 小数点以下の取扱いを切り上げとします。


・源泉税の記載

請求書に源泉税を含めるかどうかの設定が可能です。

(“記載しない” を選択した場合)

 請求書に源泉税を記載しません。

(“記載する” を選択した場合)

 請求書に源泉税を自動計算して、記載を行います。


・復興特別所得税の扱い

復興特別所得税を源泉税に含めるかどうかの設定が可能です。

(“源泉税に含める” を選択した場合)

 源泉税に復興特別所得税を含めません。

(“源泉税に含めない” を選択した場合)

 源泉税に復興特別所得税を自動計算で含めます。


・税の手打ち

消費税、源泉税の手打ち(入力)機能の有効、無効の設定が可能です。

(“無効” を選択した場合)

 消費税、源泉税の手打ち機能を無効とします。

(“有効” を選択した場合)

 消費税、源泉税の手打ち機能を有効とします。


・取引先毎の料率の適用

取引先毎の料率計算機能の有効、無効の設定が可能です。

(“適用しない“ を選択した場合)

 取引先毎の料率計算機能を無効とし、適用しません。

(“適用する” を選択した場合)

 取引先毎の料率計算機能を有効とし、料率の自動計算を適用します。


取引先毎の料率について
 代理店等の取引先毎に卸売価格の計算を行う請求がある場合、料率の設定が活用できます。

例)卸売価格が正規価格の80%の取引先の場合
 10,000円でマスタ設定がされている商品を選択した場合、自動で料率計算が適用され
 請求書の記載額は8,000円となります。
 顧客毎の料率を設定については、取引先マスタを設定するを参照してください。

・請求書フォーマット

窓付き封筒を使った郵送を行う場合の請求書表示フォーマット

(“一つ窓“ を選択した場合)

 一つ窓封筒フォーマットで請求書を作成します。

(“二つ窓” を選択した場合)

 二つ窓封筒フォーマットで請求書を作成します。


・請求名の入力

請求書作成時の請求先入力フォーマット

(“セレクトボックス“ を選択した場合)

 セレクトボックスにから請求先名を選択します、登録マスタ数が少ない場合推奨です。

(“テキストボックス” を選択した場合)

 テキストボックスにから請求先名を入力します、登録マスタ数が多い場合推奨です。


・請求書発行時の部門絞り込み

請求書発行時の営業担当者の部門絞り込み

(“なし“ を選択した場合)

 請求書発行時の営業担当者の部門絞り込みを行いません、登録マスタ数が少ない場合推奨です。

(“あり” を選択した場合)

 請求書発行時の営業担当者の部門絞り込みを可能とします、登録マスタ数が多い場合推奨です。


・メール文面テンプレート

請求書をメール送信する場合の、基本テンプレートの修正が可能です。

請求書をシステムからメール送付する場合、このテンプレートからメールの

本文が自動作成されます。

[@取引先名]

 請求先の社名が挿入されます。

[@自社名]

 システムに登録した自社名が挿入されます。

[@請求書年月]

 請求書発行年月が挿入されます。


・請求書送付時の送信元メールアドレス

請求書送付時の送信元メールアドレスの設定が可能です。

・請求書送付時の宛先メールアドレスCC:

請求書送付時の宛先メールアドレスCC:の設定が可能です。